あることないこと

140文字以上はこっちで

BUMP OF CHICKEN ツアー「PATHFINDER」 #2

「pinkie」

 

 幕張メッセ。「次の曲も、知ってるかな?」と、歌の人が冗談っぽく小首を傾げて始まった。

 ストリングスが低音から立ち上がる。いつも定位置のマイクが、おもむろにスタンドから取り外される。ギターの人が歌のすぐ隣へやってくる。向かい合って、最初のワンフレーズ。歌い終えた右手の拳が、ギターの胸をトンと小突く。笑い合う。そろって客席に向き直る。ひらひら踊るピアノのライン。マイクはずっと右手の中。ステージから延びた花道の上を歩き出した歌が歌う。
<あなたのためとは言えないけど あなた一人が聴いてくれたら もうそれでいい>
 ストリングスのピチカート。ベースとドラムが追いつき趣を変え、いよいよ温度を上げる、季節外れの桜の唄。

 

 信じられなかった。いつか演奏してもらえる日をずっと待っていた。気付けば7年間も、「懐かしい」なんて思えないくらいずっとずっと聴いてきた。
 低く弦が鳴った瞬間、変な音を立てて息をのんでしまった。「知ってるよ!」と声に出来ずに叫んだそのあとの景色が、全然知っているものではなかった。ハンドマイクで歩きながら歌うというただの所作でも、BUMP OF CHICKEN のこれまでにはほとんどなかったことだった。目の前の出来事が本当に信じられなかった。この曲をライブで初めて、それも、こんなにも楽しそうに…

 

 そのあとの光景は正直あんまり覚えていない。振り切れた興奮に、視界が滲んでいたせいもあった。ただ、耳は立てていて、身も心もずっと踊っていて、その音像と体感と、すごく嬉しくて幸せだった記憶だけはちゃんと持ち帰ってきた。

 

 眩しさや温かさを肯定し願いながら、陽の当たらない場所に居るような気持ちだって歌ってきたバンドだ。その影を今でも大事に抱えたまま、今日はこんなにも楽しそうに、今日も変わらず真剣に歌を届けてくれる、その姿に思ったのは、彼らの未来がこんな今なら、自分のこれからだってもう少し信じてみてもいいかな、ということだった。
 帰りの電車に乗って少し経ってから気付いた。そんなことを思えたのも、たぶん、<未来の私を思い出せたら あなたとの今を忘れなくていい>って歌を聴いたから。忘れたくないくらいの今日があったからなんだなって。

 

 

星野源 LIVE TOUR 2017 「Continues」


 せっかく埼玉公演が映像化された折なので、今更ながら私が観に行った宮城公演のことと合わせて書き残しておきたい。


 ちょっと馬鹿みたいな感想だけれど、「音楽って最高!」。宮城公演が終わって第1に強くそう思った。1番の理由は、ライブならではの楽曲アレンジが全曲余すことなく本当に素晴らしかったこと。今回のツアーはいわゆる“レコ発”ではないから、既存の楽曲がどんな順番でどんな演奏で披露されるのか、それをとても楽しめた。源さんのライブでのアレンジにはこれまでもずっとすごいすごいと感嘆させられてきただけに、余計に。今回はそれが、バンドメンバーがステージ上でずらっと1列に並んでいる壮観な景色と合わさって、さらには「音楽は受け継がれ、繋がっていく」というツアーコンセプトとも相まって、ことさらに音楽の格好良さを味わうことができた。

 


星野源 - 雨音 【Live from “Continues”】

 

 なかでも私がぐっときたのは「雨音」だった。もとは曲名に「House ver.」と付く、源さん1人で宅録する楽曲シリーズ。ピアノでポロポロ鳴っていたメロディーはフルートデュオに変わり、打点1つ1つが気持ちよく抜けてくるドラムが最高にかっこよかった。しっとりとした曲だけれど、内心でふつふつと、震えるように感動していました…。原曲だって素敵なものを、また別方向の良いものに変身させたりするのだから。音楽をやる人たちってやっぱりすごい。
 「雨音」で完全に耳が音のほうへぐっとひらけた時、今回のバンドメンバーの隊形がとても意味のあるもののように思えた。音楽は受け継がれ、繋がっていく。それは過去から現在、未来へと受け継がれていく音楽の連なりでもあれば、まさに今、同じ音楽を一緒に鳴らしている人との繋がりのことでもあるのかも、と思えて。今を共に奏でている、横一線。

 


星野源 - SUN 【Live from“Continues”】

 

 お腹を抱えて笑い転げたい瞬間もたくさんあった。源さんに突然やってきたらしい「変なおじさん」ブームのおかげで、恋ダンスの一部は変なおじさんの動きに取って変えられ。そのあとにはニセさんがヒゲダンスを始めたせいで「君は薔薇より美しい」の間奏が徐々にヒゲダンスのあの曲にすり替わっていく、なんて事態も。こういうのについてきてくれるバンドの皆さんもELEVENPLAYの皆さんも、大好きですー。最高。超楽しかった。

 


星野源 ‐ “Continues”【Live Blu-ray&DVD Trailer】

 

 宮城、ありがたいことに、当選したのがアリーナ最前列の席だった。あれだけ広い会場でこれほど近くにステージを観ることなんて、これまでもなかったしこれからもあるか分からない。幸せでした…。その代わり、会場全体がどれほど盛り上がっていたのか見ることはほとんどできなかった。私は、後方から客席の光景と一緒にライブを観るのも好きだから。
 Continuesが映像化されて、それも叶ったことがとても嬉しい。埼玉公演の「Week End」の景色だってとても幸せなカオスだった。満員の会場のものすごい広さが分かる画の直後、源さんが声を嗄らした「もっとぐちゃぐちゃになれー!」に、胸が熱くなった。みんなと一緒に踊っていいし、みんなバラバラに踊ってもいいのだ。今、世間の真ん中でそれを叫んでくれる人がいることの心強さといったら。ありがとう、源さん。あなたやあなたの音楽もきっと、次の誰かを照らすんだ。

 

 書ききれないことは山のようにあるけれど、ここまで。何より、掲げられたコンセプトに込められた思いがこれ以上ないくらいに伝わってくる演出の数々、それを頭でっかちにならなくてもただただ楽しめる最高の音楽エンターテインメントであったこと。笑って泣いて感動して、その全部でたくさん踊った。
 やっぱり、音楽って最高。

 

 

BUMP OF CHICKEN ツアー「PATHFINDER」 #1

「fire sign」

 

 幕張メッセ。3万人の大合唱を伴奏に、ステージから花道に散らばってソロを回し出す4人。こんな、言ってしまえば「バンドらしい」ことだって、バンプのこれまでにはなかった景色で。その新鮮さに呆気にとられた一瞬、歌うのをやめそうになったけど、そのままじっと聴き入りたい頭と、信じられない出来事が嬉しくて踊り続けてしまう体の、そのごちゃごちゃが「ラララ」になって、結局やめられなかった。とても楽しかった。彼らはロックバンドだって、この時ほど強く思ったのはたぶん初めてで。本当に楽しかった。

 それから2ヶ月後、仙台。ソロ回しの後半はいつの間にか、ヒロさんが「がんばって客席の歌声を煽る」時間になっていた。ギターでではなく口で、である。やりたいことは分かるけれども、がんばってもグダグダな素晴らしき時間が、わりと長いこと終わらない。面白がってやめさせないメインステージの3人と、収拾がつかなくなり歌を止めて助けを求めるセンターステージの1人。最後には、藤くんに頭をくしゃくしゃされながら花道を戻るヒロさん。お腹を抱えるほど笑わせてもらいました。やっぱりとても楽しかった。

 「満足」とか言っているヒロさんに大爆笑しながら、すごく安心もしていた。他のどの曲でもなく、この曲は「fire sign」だから。いつかの悩める自分に贈られた歌を、今ではこうやって楽しく背負えるようになったのだなと思えて。

 PATHFINDERの本編はこの曲から「リボン」へ繋がって終わる。<嵐の中をここまで来たんだ>。本当に、その通りなんだろうな。

 ヒロさん、心から、お誕生日おめでとうございます。