読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あることないこと

140文字以上はこっちで

2015年の夏の始まり

雑記(音楽まわり) 音楽

youtu.be


なんてことはない田舎者の憧れで、5月末に岩手から東京に引っ越してきた。慣れない仕事となれない生活は慣れないままで、でもとりあえずは2ヶ月が経った。その間に聴きそびれてしまっていた音楽も溜まっていて、フジファブリックもその中のひとつだった。先日これをようやく聴いたら、そういえばもう夏になっていたんだなって、忘れていた季節の感覚を唐突に思い出した。私が思い描く夏ってこの曲のような感じ。というか、フジファブリックは夏の思い出のようなバンドだなと思った。


東京に来てからわりと最近まで、休日すらどこに行っても心から楽しめている感覚にはなれず、これはヤバいなと思う日々が続いた。でも先日、なんとなく通勤の定期券内にある後楽園駅で降りてみて、東京ドームの屋根が見えたら、ふっと気分が上向いて救われたような気になった。私の中では東京ドーム=1年前のバンプのライブの記憶としてまだ残っていて、それが蘇えったみたいだった。住み始めた場所からそれほど遠くない所に、そんなスポットがあってよかった。よかったと、それはわりと本当に、心から思った。

餞別をくれた父がいて、メールや荷物を送ってくれる母がいて、LINEやメッセージをくれるし、なんなら東京に遊びに来たタイミングですでに私と会ってくれた友達もいる。そんな人たちと一緒に、あとはやっぱり音楽がなかったら、私は生きていけないと思う。


ある友達とは、私たちがよく聴く類の音楽に自分たちは毒されている部分もあるよね、といった話をしたことがある。それとは別に、音楽を薬みたいに使うなと言う人がいることも知っている。前者は本当にそうだと思うし、後者の言い分も理解はできる。でも、情けないかな、私はそんなに強くなれそうもないんだな。これからも音楽に寄りかかって、お世話になって、生きていくんだと思う。

好きだ好きだと言いながら、自分は「音楽が好き」なのではなくて、「好きな音楽がいくつかある」だけなのだろうなと考えることがある。でも、音楽が気付かせてくれることがある。音楽で思い出になった場所がある。現実を忘れさせてくれる音がある。現実に向き合う力をくれる歌もある。音楽が繋げてくれた人もいる。だからやっぱり、自分は自分なりに、ちゃんと音楽が好きなんだと思うのね。

なんでこんな事を書いたかというと、このツイートを見かけたから。

 

音楽が好きか、たいして好きじゃないのかって、音と歌詞のそれだけで語れるものなのかな、と思ったから。