読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あることないこと

140文字以上はこっちで

赤い公園 『猛烈リトミック』

猛烈リトミック猛烈リトミック
(2014/09/24)
赤い公園KREVA

商品詳細を見る

私が音楽の故きを知らないだけでしょうか。だとしてもこの1枚には確実に新しい音が鳴っていると思います。ポップとロックの真ん中を行く新たな道を開拓しているような音楽。そしてこれは、ついこのあいだ、くるりの『THE PIER』からもらった感覚と似ているかも知れないとも思いました。今の、というよりは、少しだけ未来のスタンダード ( になり得る音楽 ) を聴いているような感覚。

1曲目のこれ↑を聴けば分かる通り、バンド史上一番開けていてポップで世間への浸透力もあるであろうアルバムなのに、良い意味でまとまっていないというか、収まりきっていない。もう誰にも止められない、収拾がつかない感じ。溢れている感じ。何が?赤い公園というバンドのポテンシャルやエネルギーそれ自体が、でしょうか。
だとしたらそれは凄いことで、蔦屋好位置さんや亀田誠治さんなど多くの名プロデューサーを迎えながら、ある意味でちゃんと影響されて、ある意味ではちゃんと影響されなかったということなのでしょう。良い意味で、外から手を加えられても染まり切らなかったということ。だから、溢れているのはプロデューサー陣が引き出したバンドの良さだけじゃない。美しく整えようにも枠からはみ出してしまうくらいの「赤い公園らしさ」なのだと思います。

『THE PIER』に続いて心底震えるような、というか実際に震えたアルバムでした。超かっこいい。最近は「サイダー」がお気に入りです。爽快。あとは最初に聴いた時からもうずっと、ラストナンバー「木」にやられっぱなし。プロデュース誰だろう?とクレジットを見れば、セルフプロデュース… 米咲ちゃん。あなたの力は底知れないよ。すごい。すごく好きです。同世代、絶賛支持します。