読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あることないこと

140文字以上はこっちで

夏の思い出③ ROCK IN JAPAN FES. 2013

前回の記事と日付が前後しますが。
8月2日、3日の前半2日間に参加してきました。
もうずっと行きたくてやっと初めて行けたんですが… 広い!遠い!
でも苦じゃない。どこ歩いたって音楽は鳴ってるし。トイレは並ばないし(笑)
規模も運営も、運営側が目指している通り日本一だと思いました。さすが。
逆に不便さが物を言うというか魅力的なフェスもありますけどね、フジロックとか。
それとはまた別方向で日本一、ということ。

観たアクトは
1日目:[Champagne](バス遅刻につき最後の1曲だけ)
    OKAMOTO’S(ちらっと)
    グッドモーニングアメリカ
    トクマルシューゴ
    TOTALFAT(後半をエリア外から)
    SOIL&”PIMP”SESSIONS
    UNISON SQUARE GARDEN
    ONE OK ROCK(後半をシートゾーンから)
    フジファブリック
    RIP SLYME(後半をシートゾーンから)
    サカナクション
2日目:POLYSICS(シートゾーンからゆっくり見)
    the chef cooks me
    Base Ball Bear(後半だけ)
    SPECIAL OTHERS
    赤い公園(ちらっと)
    OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND ”5”(ちらっと)
    クリープハイプ
    9mm Parabellum Bullet(シートゾーンから)
    ASIAN KUNG-FU GENERATION
    BUMP OF CHICKEN

…案外みたな(゜゜)
あとはステージを直接観てはいないけどDJブース裏のみなと屋あたりで
ご飯を食べながら PASSPO☆ に聞き耳立ててみたり。
タイムテーブルの関係で観られず後悔してるアーティストもたくさん。
パスピエ、Dr.DOWNERとかとかとか。
もちろん行けなかった3日目のアクトも。
特にPerfume。単純に楽しく観たかったのもあるし、
今回アイドル勢も多く出演する「ROCK IN JAPAN FES」で
Perfumeが大トリを務めるっていうのはどういう事なのか、ってのは
実際に目にして考えたかったなぁ。

偏見も含めて、とりたてて書きたいアクトを1つずつ。

まず書きたい書かなきゃ、なのはサカナクション
言ってしまえばもう、圧巻、の一言。
1日目のトリで、あの場にいた観客も、その日の全アクトも、
すべて回収して飲み込んでしまったような。
日が沈んだ後の出番だから鉄板の照明とレーザーは映えるだろうとは予想して観て。
鉄板だけど、何度観たってアガるんですよねぇ。
サカナチームの演出は演るたびに更新されるから。
予想外だったのは『夜の踊り子』の踊り子さんの登場。
フェスで観れるとは!でした。あれ大好きです。
日本舞踊を観ながら、自分は自由に踊ってるわけです。
最高に違和感があって(笑) 気持ち良くて楽しい。

それでいて、こういう演出の中心にしっかりサカナクションの音楽と意志があるんです。
それが素晴らしくて。
持ち時間の半分くらいはラップトップ横一列のインスト楽曲で、
それでも観客を引っ張ってました。それはもう凄かった。

…これ以上思い出しても止まらないので、やめます。

2日目のクリープハイプ
畳み掛けるように曲を繋げていくわけでもなく、
1曲1曲の間に尾崎さんが短いMCを挟んでいくのですが、
それでも勢いがあって、やっぱり良い曲歌ってるなぁとノリながら感動してました。
それでも、どうしても気になるのはお客さんのほう。
あの音楽も何も無視しているような、
歌詞の端の端の、なんとなく強烈で耳に残りやすい部分だけ摘み取って盛り上がるみたいな、
よく分からない楽しそうなサークルが沢山できるんですよね。
サークル自体は悪くないんですけど、全然、音楽への愛はないですよ。
愛のないサークル、ステージングどうこう以前に盛り上がることが前提条件になってる
ようなサークル、私的には嫌いです。
その強烈な歌詞の裏にどんな音楽が鳴っていて、
それがどれほど切なさだったり悲しみだったり、そんなものを表現しているか、
音楽なんて聴いていないんだな、と思います。

と言ったところで、バンド側がそれを見て嬉しく思っているのであれば、
なんやかんや言うことではないのですが…
あのステージと分断されているような客席の光景は気になります。
私ももっと純粋に、そんなの気にせず音楽だけ観れていればいいのですが。

はい。あとはBUMP OF CHICKENです。
多くの人にとって特別なバンドであるように、私にとってもやはり特別な存在です。
ただQVCでのライブを書いてしまったので…
ひとつ。意外とフェスっぽいMCをしてくれたのが楽しかったです。
アジカン、かっこよかったねぇ。9?も、ねぇ。
ぼくたちニコタッチの時に来たんですよ。え?手たたいた?
手たたきましたよー」
楽しかったです(笑)

ほかにも the chef cooks me で心地よく踊らせてもらったり、
トクマルシューゴの可愛らしい楽器たちのアンサンブルを楽しませてもらったり、
ちょっとした思い入れのある UNISON SQUARE GARDEN を久々に観たり
スペアザを広いステージで観て感激したり。

天国でございました。