読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あることないこと

140文字以上はこっちで

夏の思い出① クリープハイプ

音楽

吹き零れる程のI、哀、愛』です。
「夏のせい」の歌詞で始まるから、というだけですけど今夏の思い出になりそうな1枚。

吹き零れる程のI、哀、愛(初回限定盤)吹き零れる程のI、哀、愛(初回限定盤)
(2013/07/24)
クリープハイプ

商品詳細を見る

このアルバムすごく好きだっていうことを言いたかっただけなのに、
聴いた直後にTwitterでつぶやいたら、なんか口悪い感じになっちゃって。
たぶん歌詞に引っ張られたのかなと。
別に口悪い歌詞じゃないですけど、素直ではないというか、ひねくれ感はあると思います。

そこらへんについては雑誌『MUSICA』にあった、いしわたり淳治さんのレビューが
素晴らしく言い得てくれてるなぁと思いました。
12曲目『傷つける』の一節「愛しのブスがあんたにも居たんだろ」。
「ブス」と書くことで「君を愛してた」という感情を書いてしまうこと。
既存曲で言うと、「強い自分に生まれ変わりたい」という思いを、
その主人公を風俗嬢に設定して描いてしまうこと。
つまり、アイドルだろうとポップバンドだろうと歌えるテーマや内容を、
ロックな人にしか歌えない角度から歌っている、というレビューでした。

今まで私はそういうロック的な角度のアーティストは通ってこなかったんですけど、
クリープハイプは刺さっています。刺さりっぱ。
たぶん、楽曲はポップで聴きやすいから。
単純にポップというか、メロディーはポップでも各楽器を個別に聴けばカオスな感じも。
だから不思議なバランスで総じてポップ、みたいな。
わけわからん感じではあります。

あと、彼らのフルアルバムの8曲目が必ずツボです。
『SHE IS FINE』『ABCDC』、今作の『NE-TAXI』。
あ、全部アルファベット表記だ。
“せつなさ爆発系楽曲”と勝手に呼んでおります。8曲目たち。

あとあと、シングルでは尾崎さんの弾き語りとピアノとメロトロンの弦の音で構成されていた『傷つける』、
アルバムではバンドアレンジで収録されていて、これがよいです。
シングルver.は何となく綺麗すぎるなぁと思っていたので。
バンド以外の音が入ってきたから嫌いになる、みたいな聴き方をしている人ではないのですが、私は。
アルバムver.でも弦とピアノは入ってますし。
何と言うか、クリープハイプはバンドだなぁ、と思ったのでした。